「防災」に関する記事一覧

日田市が防災メールを配信開始

携帯メール
日田市が今日(2012/6/1)から、携帯電話やパソコンで気象警報、地震情報、市からの避難情報など防災(緊急)情報を入手できる「ひた防災メール」の配信を開始したそうです。
続きを読む…

大分市がNTTドコモの緊急速報「エリアメール」を導入【更新】

※2012/6/1追記により更新
NTTドコモのホームページによると、今日(2012/6/1)現在、中津市、玖珠郡、姫島村を除く14市町でエリアメールが導入されているようです。
※2011/11/1追記により更新
2011年11月から豊後高田市もエリアメールを導入するそうです。
また、由布市も9月からエリアメールを開始していました。
※2011/9/30追記により更新
2011年10月から佐伯市もエリアメールを導入するそうです。
※2011/8/30追記により更新
2011年9月から臼杵市もエリアメールを導入するそうです。
※2011/3/4初出
大分市は3/1から、NTTドコモが該当エリア内の携帯に緊急情報を一斉配信する「エリアメール」を導入したそうです。
大分市内の基地局エリア内で、NTTドコモの「エリアメール」対応端末であれば、大分市が発信する「災害・避難情報」を受信することが出来るとのことです。
緊急速報「エリアメール」 - NTTドコモ
続きを読む…

ネットで閲覧出来る新国東市災害ハザードマップが公開

国東市がネットで閲覧出来る新しい災害ハザードマップを公開しています。
Googleマップや電子国土の地図上に、避難場所や津波被害の想定範囲、土砂災害の恐れのある範囲などを重ねあわせて表示することが出来ます。
国東市災害ハザードマップ
続きを読む…

原発避難指針の見直し案で佐賀関と無垢島が対象に

10/20の原子力安全委員会の作業部会で、防災対策を重点的に整備する地域の見直しに関する事務局案が示され、内部被曝を防ぐために安定ヨウ素剤を服用したり屋内に退避したりする必要がある区域(PPZ)に、大分市の佐賀関と津久見市の無垢島が含まれています。
伊方発電所から30km、50km圏
続きを読む…

大分の防災を考えるシンポジウムが開催

大分の防災を考えるin佐伯
2011/10/22(土)の14時から、佐伯市で防災・日本再生シンポジウム「大分の防災を考える in 佐伯」が開催されるそうです。
佐伯市は東南海・南海地震が発生した場合に、津波の影響が最も大きいと想定されています。
続きを読む…

臼杵市が避難用リヤカーなど購入に補助金

リヤカー
毎日jpなどによると、臼杵市は、津波災害時の住民避難のため、幼児や高齢者ら「避難弱者」を搬送するリヤカーと大型乳母車の購入補助制度を創設するそうです。
対象となるのは自主防災組織のほか、病院、介護施設、障害者支援施設、保育所・幼稚園となっています。
続きを読む…

大分県の火山防災マップ

新燃岳の噴火で、鹿児島県や宮崎県は大変なことになっていますが、大分県にも噴火の可能性がある火山が存在します。
大分県や関連市町村などは、もし噴火した場合にどんな状態になるか、どこへ避難したらよいかなどを示す火山防災マップを作成しています。
豊の国の火山〈防災ポスター〉
続きを読む…

地域防災力向上のための講演会

地震
今月末から11月末にかけて、「大分県地震減災・災害時要援護者対策講演会」が開催されるそうです。
県内の6会場で開催され、参加料は無料とのことです。
続きを読む…

住宅用火災警報器の普及率が、大分県は九州7県で最低だそうです

火災警報器
来年6月から義務化が決まっている住宅用火災警報器の普及率(今年6月時点)が、大分県は35.1%で九州7県で最低、全国でもワースト5位だったそうです。
続きを読む…

今年の「ゲリラ雷雨」発生回数は昨年より多い見込み

ゲリラ雷雨
ウェザーニューズが7/7に発表した「ゲリラ雷雨傾向」によると、今年の7月~9月における「ゲリラ雷雨」の発生回数は、全国的に昨年よりも3割程度多くなる見込みとのことです。
また、同社では突発的で局地的なために予測が困難な「ゲリラ雷雨」による被害を軽減するため、この「ゲリラ雷雨」を監視する「ゲリラ雷雨防衛隊」を募集しています。
続きを読む…

次へ»

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用