「病気」に関する記事一覧

口腔がん無料検診

検診
10月3日の日曜日、由布市役所挾間庁舎の隣にある「はさま未来館」にて、大分大学医学部附属病院による「口腔がん無料検診」が開催されるそうです。
検査時間は2~3分で、事前の申込は必要ないとのことです。
続きを読む…

手足口病に注意!

注意
大分合同新聞などによると、口や手足に発疹が出るウィルス感染症「手足口病」の患者数が急激に増えており、大分県が注意を呼びかけているそうです。
5月中旬から患者が増え始め6月初旬に急増、6/21~27日の定点調査では、1医療機関あたりの患者数が全国平均の4倍近くになったそうです。
続きを読む…

別府医療センターで「がんサロン」が始まったそうです

今日新聞によると、別府市亀川にある別府医療センター・地域医療研修センターで、がん患者とその家族を対象とした「がんサロン」を始めたそうです。
「横のつながりを築いて、ほっとする気持ちのサロンに育てたい考え」とのことです。
続きを読む…

九重町が子宮頸がん予防ワクチン接種を全額補助へ

ワクチン
九重町は、町内の女子中学生を対象に、子宮頸がん予防ワクチンの接種費用を全額助成する補正予算案を提案し、可決次第、助成を始める方針とのことです。
同ワクチンの接種は半年間に3回必要で、合計費用は約5万円と高額となることから助成することにしたそうです。
※2010/6/17追記
OBSニュースによると、6/16の議会で可決されたそうです。
続きを読む…

豊後高田市が病後児保育事業「天使のゆりかご」を開始

病後児
豊後高田市では2010/6/1から、病気の回復期にある児童を専用の保育室で一時的に預かってくれる病後保育事業「天使のゆりかご」を開始したそうです。
続きを読む…

大分市で小児科の夜間当番医が始まるそうです

小児科
大分合同新聞によると、大分市保健所は、2010年4月1日から小児科の夜間当番医が始まると発表したそうです。
17:00~22:00の診療を23の小児医療機関が当番で担当するようになるとのことです。
※2010/6/1追記により更新
大分合同新聞によると、深夜の小児初期救急医療体制が6/4から金曜と日曜は中止になるそうです。
また、これに伴い「大分県こども救急電話相談」も金曜と日曜は休止するとのことです。
続きを読む…

中津市民病院に来年3月末から最新がん治療機器が導入されるそうです

病院
NHK大分のニュースによると、中津市の中津市民病院は「リニアック」と呼ばれる最新鋭の医療機器を導入し、来年の3月末から運用を開始するそうです。
これにより、大分市や北九州市まで行かなくても、高度ながん治療が受けられるようになるとのことです。
※2010/5/12追記により更新
2012年秋から小児救急センターも開設されるそうです。
続きを読む…

大分県の「物忘れ外来」

物忘れ
認知症は早期の診断・治療により、進行を遅らせるなど重症化を防ぐことが出来るそうですが、物忘れが気になるなどの症状があっても、何科を受信すればよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
そういう場合のために、「物忘れ(もの忘れ)外来」を設ける医療機関が増えているそうです。
続きを読む…

ギャンブル依存症「回復マニュアル」

YOMIURI ONLINEによると、大分県は、パチンコや競輪などの「ギャンブル依存症」になってしまった方や、その家族向けの「回復マニュアル」を作成し、保健所や医療機関、警察署に置き、希望者に配布するそうです。
依存症かどうかを調べる簡易チェックリストや、家族のかかわり方などが盛り込まれており、全国では初めての試みだそうです。
続きを読む…

【注意】感染性胃腸炎(ノロウィルス)が流行中

腹痛
大分合同新聞などによると、大分県が行った先週(1/18~24)の定点調査の結果、感染性胃腸炎の患者数が774人で、1医療機関当たりの患者数が21.5人となり、国が定める警報基準を超えたそうです。
感染性胃腸炎の冬季における発生原因の大半はノロウイルスとされるため、患者の多くはノロウィルスによるものと見ているそうです。
※2010/2/4追記により更新
1月末から今月にかけて大分市内の医療機関で集団感染が発生しているそうです。注意しましょう。
続きを読む…

«前へ

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用