気象庁が「最高・最低気温分布予想図」の提供を開始

節電が求められる中、熱中症により病院に搬送される人が増えてきていますが、気象庁は最高気温や最低気温の予想を、これまでの主な都市ごとに加えて、20km四方ごとに予想し地図上に表示した「最高・最低気温分布予想図」を、今日(2012/7/20)からホームページで提供開始しています。
最高・最低気温分布予想図 - 気象庁

「最高・最低気温分布予想図」の提供開始について(気象庁 | 平成24年報道発表資料)

予想図は、天気予報が更新される午前5時すぎ、午前11時すぎ、午後5時すぎの1日3回更新されるとのことで、最高気温は「真夏日」の基準となる30度以上から、最低気温は「熱帯夜」の基準となる25度以上から、数字で表示されています。

「最高・最低気温分布予想図」のほかにも、気温の観測情報、予測情報を掲載し、気温に関する情報を入手するためのポータルサイト「熱中症に注意/電力需給ひっ迫時の対応支援」もリニューアルされています。

関連リンク
熱中症予防について - 大分県ホームページ
熱中症(疑い含む)による救急搬送状況 - 大分県ホームページ
携帯型熱中指標計「見守りっち」付き熱中症対策ガイド (マイナビムック)

関連記事

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=825

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用