九州北部の2012年の花粉飛散量は2011年の20~40%程度の予想

花粉
ウェザーニューズが2011/10/11に発表した2012年の花粉飛散傾向によると、来春の花粉飛散量は全国的に今年より7割減少の見込みで、九州北部では2011年の20~40%程度と予想されています。

2012年の花粉飛散傾向発表。全国的に今年より7割減少の見込み。/2011.10.11

これによると、全国的な猛暑となった2010年の夏に比べると、2011年は雲が多く、気温も低い傾向となったことから、スギ花粉の発生源となる雄花の量が少なくなること、また、多く飛散した翌年は飛散量が少ないなど、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があることから、2012年のスギ花粉飛散量は少なくなる見通しとのこと。

さらに、「ウェザーリポーター」から寄せられた全国の『雄花リポート』や、衛星データを利用したスギ・ヒノキ林の活性度の分析などを総合した結果、2012年の花粉飛散量は少なくなる予想となったそうです。

関連リンク
ウェザーニューズ、2012年の花粉飛散傾向を発表 - 全国的に今年より7割減少 | ネット | マイコミジャーナル
秋にも花粉症 原因物質避けるのが大切+(1/2ページ) - MSN産経ニュース


お茶農家木村園 粉末べにふうき緑茶40g2本セット送料無料 鹿児島県産

関連記事

2011年10月12日 未分類|
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=739

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用