長者原に2011年8月オープンの温泉郷、1泊2000円以下の施設も【更新】

※2013/4/19追記により更新
大分合同新聞によると、住民から反発を受けていた2期、3期工事はいったん白紙となり、住民や行政と話し合いながら計画を変更するとのことです。
※2011/9/16追記により更新
「トライアル九重開発問題対策協議会」が設立されたそうです。
※2011/8/2追記により更新
いよいよ明日(2011/8/3)がオープンとなる「トライアル長者原温泉郷」ですが、TOSニュースによると、昨日(8/1)地元住民を対象にした内覧会が行われたそうです。
※2011/7/14追記により更新
6月に開かれた九重町の自然保護団体「九重の自然を守る会」の総会で、「ほとんど地元に説明がない」「景観保全、動植物の生態系保護などの面で問題がないか」といった緊急動議が出されて問題となっていましたが、7/11に初の地元説明会が開催され、トライアル側は地元と共存するため、誠実に対応していくことを約束したとのことです。
※2011/5/14初出
ディスカウントストア「トライアル」は旧九重ハイランドホテル周辺で「トライアル長者原温泉郷」の開発を進めており、今年(2011年)8/3から第一期の施設として、タイプの異なる2つの温泉宿泊施設「虎之湯」と「久織亭(くおりてい)」をオープンするそうです。
「虎之湯」は素泊まりで1泊1980円からの低価格が特徴となっていますが、宿泊する人数が多いともっと安く泊まれるようです。
虎之湯

阿蘇くじゅう国立公園内に「トライアル長者原温泉郷」が誕生します!(トライアル)

これによると、「トライアル長者原温泉郷」は平成26年の秋までかけて開発・整備を進め、段階的に敷地内施設の営業を開始するとされており、その第一弾として、「大胆な低料金設定の「虎乃湯(とらのゆ)」と、ワンランク上の自然を堪能できる「久織亭(くおりてい)」の2つの宿泊施設を先行して開業」するとのことです。

今月からホームページも開設されており、宿泊の予約も出来るようになっています。
長者原温泉郷 - トライアル

「虎乃湯」の方はトライアルのポイントカード会員(入会費年会費無料)であれば、最も安いタイプの部屋に2名で宿泊すると、1人1泊1980円となっていますが、宿泊する人数が増えるとさらに安くなるようです。

試しに大人2人、中学生1人、小学生1人の4人家族で8/3に1泊した場合を予約ページでシミュレートしたところ、

大人 1780円×3名 小人A 1000円×1名 合計 6340円

となりました。
合計には消費税、入湯税も含まれています。サービス料もないそうです。
さらに、6名で1室利用になると、小人料金は1000円で変わりませんが、大人料金は1580円となっており、大人6人でも1万円以下で泊まることが出来ます。

一方の「久織亭」の方は、各部屋に半露天風呂があり、1泊2食付きで1人2万円からとなっています。
また、離れの別館は1人1泊10万円となっており、「最上級の「いたれりつくせり」を味わって頂きたい」とされています。

※2011/7/14追記により更新
毎日新聞によると、温泉郷の隣には、ラムサール条約登録湿地「タデ原湿原」があり、6/19に開催された「九重の自然を守る会」の発足50周年記念総会の席上で、「ほとんど地元に説明がないまま8月に一部オープンする。景観保全、動植物の生態系保護などの面で問題がないか」と緊急動議が出たほか、「既に施設がタデ原に面した斜面に建ち始め、景観をぶち壊している」「排水、ゴミなど、自然破壊につながりかねない」「一部の森林が無秩序に伐採されている」などの指摘が相次いだとされており、翌6/20の毎日新聞の取材に対し、トライアルカンパニーは「法律に従って開発許可を得て計画も説明してきたつもりだが、誤解されている面がある」として、問題を提起した「九重の自然を守る会」など地元に対し説明する場を設けるなど意思疎通を図る考えを示したとされていました。
タデ原湿原:8月オープン長者原の温泉郷、景観壊す? 「守る会」で緊急動議(毎日.jp 2011/6/20)
タデ原湿原:景観問題 温泉郷開発、トライアル「地元に十分説明したい」(毎日.jp 2011/6/21)

西日本新聞によると、初の地元説明会が7/11に飯田公民館で開催されたそうですが、オープン直前の説明会に住民からは疑問や不安視する声が続出したとのこと。一方のトライアル側は地元と共存するため、誠実に対応していくことを約束したとされています。
初の地元説明会 トライアルのリゾート計画(西日本新聞 2011/7/14)

※2011/8/2追記
TOSニュースによると、8/1に地元住民を対象にした内覧会と意見交換会が開かれたそうです。
地元住民からは「芝などに外来種が使われていて自然環境に影響が出る恐れがある」などといった意見が出されていたとのことで、トライアル側は「今後は自然をどう守りながら建設するか、地元住民と話し合いをしながら進めていきたい」と話していたとされています。
生態系への影響懸念 長者原に温泉リゾート(大分合同新聞 2011/8/3)
「住民との対話重ねる」 トライアル宿泊施設開業(西日本新聞 2011/8/3)
タデ原湿原:景観問題 隣接地のトライアル温泉郷、5項目の改善策回答(毎日jp 2011/8/3)

※2011/9/16追記
asahi.comによると、九重の自然を守る会や九重町観光協会、JA九重町飯田など地元の16団体が、2011/9/14に「トライアル九重開発問題対策協議会」を設立したそうです。
今後の拡張計画についてトライアルに事前の話し合いを求めるとともに、県に都市計画法に基づく開発の許可は慎重にするよう申し入れるとされています。
asahi.com:トライアルの施設で九重16団体、対策協-マイタウン大分(2011/9/16)
九重町観光協会など16団体 温泉施設対策協を設立 / 西日本新聞(2011/9/16)

※2013/4/19追記
大分合同新聞によると、トライアルカンパニーは、住民から反発を受けていた2期、3期工事をいったん白紙とし、住民や行政と話し合いながら環境に配慮した計画に変更するとのことです。
今後の開発について「当初の予定のように大規模に開発するのではなく、自然景観に合わせて計画をしたい」と述べたとされています。
1期工事でオープンした施設については、予想を上回る4万9千人の利用者があったそうです。
タデ原の隣接リゾート2、3期開発が白紙に【大分のニュース】-大分合同新聞 2014/4/19

関連リンク
長者原に温泉郷 8月に2旅館開業(大分合同新聞 2011/5/14)
タデ原湿原について/環境省 阿蘇くじゅう国立公園 長者原ビジターセンター
トライアル | ずっと、ず?っと、低価格。
九重町 - トップページ

おおいた絶景露天と人気温泉郷
おおいた絶景露天と人気温泉郷

関連記事

2013年04月19日 九重町|, ,
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=699

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用