太陽光発電と省エネ給湯器の併設で10万円助成へ

太陽光発電
大分合同新聞によると、大分県は新年度から、住宅用太陽光発電と省エネ給湯器を併設で導入した家庭に対し、10万円を助成する方針とのことです。
既にある国や市町村の助成措置に上乗せする形で、2年間で3000件の利用を見込んでいるそうです。

県が10万円助成へ 省エネ、CO2削減に(大分合同新聞)

これによると、昨年1月から始まった国の助成制度への、本年度の申請実績は2000件前後とのことで、県は助成制度の新設により、新年度に1500件程度の需要を予測しているそうです。

県内の市町村については、

本年度、中津、日田、杵築の3市が住宅用太陽光発電に対する助成制度を設定。このうち、日田市は10万円を上限に助成を始めたところ、昨年11月に当初予算見込みの100件に達したため、12月補正で50件を追加した。杵築市は上限15万円で4月から助成をスタート、5月で予定の50件に達した。7月に臨時補正で50件分拡大したが、11月でいっぱいになったという。

と、されています。

NHK大分のニュースによると、大分県はこの他にも、太陽光発電に関連した製品の実証実験など地場の企業同士が連携する取り組みに対し、最大で600万円の助成を行う制度を新たに設けるそうです。

また、自然エネルギーの大切さを広く知ってもらうため、一般の人を対象に、県内の自然エネルギーによる発電施設を巡るバスツアーも計画しているほか、昨年6月以降のレジ袋有料化により集まった寄付金を活用して、植樹や子どもたちへの環境教育も行う予定とのことです。

関連記事

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=479

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用