花粉症に「べにふうき茶」

緑茶ティーパック
大分県内の花粉の飛散量は、例年に比べて少ないと予想されていますが、それでも花粉症の方にはつらいシーズンがやってきました。
日田市の津江地域で栽培されている「べにふうき茶」は、花粉症などのアレルギー症状に対する改善効果があるということから、注文が殺到しているそうです。
※2010/6/18追記により更新
今年の「べにふうき茶」の収穫が始まったそうです。

花粉症への効果期待 好評「べにふうき茶」(大分合同新聞)
べにふうき茶発送大忙し JA日田・つえ事業所 花粉症の季節到来(西日本新聞)

これらによると、収穫した茶葉のほとんどを、持ち運びしやすいように粉末スティックとティーバッグの2タイプに加工して販売しているそうですが、花粉シーズンを前に注文が急増し、ティーバッグタイプは売り切れで、粉末スティックも在庫が少なくなっているとのことです。

AllAboutの記事などによると、べにふうき茶は、元々紅茶用品種として育成されてきたために、緑茶として美味しく飲む工夫がされてこなかったことや、需要がほとんどなかったために作付面積が少なかったことなどから、なかなか市場に出回らなかったそうですが、メチル化カテキンの効果が一躍有名になり、生産量も増加してきているそうです。

野菜茶業研究所の報道発表(2005年)によると、

「べにふうき」緑茶が含有する「メチル化カテキン」について、その抗アレルギー作用のメカニズムが初めて明らかになったほか、体内への吸収率(腸管吸収)や血中滞留性が高いといった特性も判明。また、臨床試験では、通年性アレルギー(アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎)、季節性アレルギー(スギ花粉症)に対する効果も確認されました。

と、されています。

※2010/6/18追記
大分合同新聞によると、日田市津江地域で、今年の収穫が始まったそうです。
ティーバッグや粉末スティックなどの加工品は7月下旬から販売されるとのことです。
抗アレルギー作用 「べにふうき」茶を収穫(大分合同新聞 6/18)

関連リンク
花粉症に効くお茶(AllAbout)
「べにふうき」緑茶に期待される健康機能(茶コンソーシアム)
花粉飛散今年は少なめ 昨年の43%予想(大分合同新聞)

関連記事

2010年06月18日 日田市|,
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント

10日程前から、べにふうき茶を飲み始めました。
まだ花粉症の症状が出ていないようなので、もしかして効いてる?と期待しています。
味も普通の緑茶(ちょっと濃い目)と同じで美味しいです。
大人気で売り切れですか?
困ったなぁ~。

2010 年 2 月 24 日 9:20 AM posted by alex

alexさん、コメントありがとうございます。
このまま花粉症の症状が出なかったらいいですね。

2010 年 2 月 24 日 12:28 PM posted by oitainfo





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=472

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用