大分県内の新型インフル流行拡大、ワクチン接種前倒しへ

インフルエンザ
報道によると、大分県内の新型インフルエンザの1医療機関当たりの患者数が、全国で初めて70人を超えたそうです。
12/3からの接種対象者の予約受付が明日から始まりますが、その後の接種スケジュールも一部前倒しする計画とのことです。
※2009/11/26追記
毎日jpによると、輸入ワクチンを利用する予定だった65歳以上は、海外で重い副作用が出ていることから、1月後半の予定を2月後半に遅らせる見通しとのことです。

新型インフル 定点当たり患者数70人超す(大分合同新聞)
新型インフルワクチン 来月3日接種開始 あすから受け付け(YOMIURI ONLINE)
新型インフルエンザ県内で大流行(OBS)
新型インフルエンザワクチン接種は?(OBS)

これらによると、大分県が24日に発表した最新(11/16~22)の定点調査の報告では、1医療機関あたりの患者数は県内すべての保健所管内で前の週を上回っており、大分県全体で77.21、大分市が75.38、南部が77、北部では122.3と2倍以上に増えているそうです。

今シーズンに大分県内でインフルエンザに感染した人は7万7千人で、先週だけで2万2千人が感染したと推計されています。
感染者の9割が20未満で、その多くが新型インフルエンザと見られているとのことです。

12/3からは、健康な1歳~就学前の幼児を対象としたワクチンの接種が開始される予定で、かかりつけ患者以外の接種も行う406件の医療機関のリストは、11/26(木)の午後、大分県のホームページで公表されるそうです。

また、今後の接種対象者は、

  • 健康な小学1年~3年生:12月中旬→12/17
  • 同4 ~6年生と1歳未満児を持つ保護者:来年1月上旬→12/28
  • 中学生:来年1月中旬→来年1月前半

と、一部前倒しされる計画とのことで、詳細は下記リンク先にあります。

第4回目の新型インフルエンザワクチン配布と今後のスケジュール(大分県)

なお、大分県では、通常診療への影響を避けるため、医療機関への予約や問い合わせは午後3時以降に行って欲しいと呼びかけているそうです。

※イラストはわたなべふみさん制作のものをお借りしています。

関連記事

2009年11月25日 未分類|, , ,
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=418

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用