今日は「地産地消の日」

農家
大分県では、平成18年より、11月17日を「地産地消の日」と定め、小売店や、外食産業、学校給食などで、県産食材活用の普及のためのイベントやキャンペーンを開催しているそうです。

平成21年度 おおいた地産地消の日キャンペーン

これによると、様々な県産品販売促進キャンペーンや催しなどのほか、地元産または県内産の食材・食品を100%使った「学校給食1日まるごと大分県」などの取り組みが行われています。

地産地消とは、「地域で産したものは地域で消費する。消費あるところに産地が生まれる。」との考え方とされていますが、(財)日本特産農産物協会によると、

 産地から消費するまでの距離は、輸送コストや鮮度、地場農産物としてアピールする商品力、子どもが農業や農産物に親近感を感じる教育力、さらには地域内の物質循環といった観点から見て、近ければ近いほど有利です。
また、消費者と産地の物理的距離の短さは、両者の心理的な距離の短さにもなり、対面コミュニケーション効果もあって、消費者の「地場農産物」への愛着心や安心感が深まります。
それが地場農産物の消費を拡大し、ひいては地元の農業を応援することになります。さらに高齢者を含めて地元農業者の営農意欲を高めさせ、農地の荒廃や捨て作りを防ぐことにもなります。

と、されています。

つい先日も、臼杵市内の学校給食で使う野菜を地元の農家が栽培する「給食畑の野菜」の取り組みが大分合同新聞で紹介されていましたが、
「収穫して24時間以内の、栄養も味も落ちていない野菜が食べられる」
「学校帰りに自分たちの給食のために畑で栽培されている野菜を見る。生産者の顔も知り、残さず大切に食べようという気持ちになっているはず」
とされており、こういった取り組みは、もっと増えていって欲しいものです。

今日はとても寒いので、県内産の食材・食品だけで作る「おおいた鍋」なんていかがでしょうか(^^)

関連記事

2009年11月17日 未分類|,
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=413

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用