集落応援隊

応援
大分県は、「高齢者ばかりで草刈りも困難」、「野菜を作っても販路がない」といった悩みをかかえている小規模高齢化集落に対して、草刈りの手伝いや生産物販売などの支援が出来る企業や団体を紹介する、「集落応援隊」制度を来年度から始める予定とのことです。

詳細はこちら▼
企業、NPOを「集落応援隊」に

これによると、現在検討中の仕組みは、

県の振興局や市役所、町村役場に集落相談コーナーを設け、課題や悩みを持つ集落を把握
   ↓
企業、団体は「集落の作業に人を出せる」「農産物を社員食堂で買い取れる」といった支援方法や活動場所などの情報を応援隊の運営組織に登録
   ↓
条件が合う集落に企業、団体を紹介する

という流れになるそうです。
大分県は必要経費の一部を補助したり、活動内容のPRなどを行なうとのことです。

高齢化が進むにつれ、こういったニーズは増えてくると予想されます。
そうなってくるとボランティアでは継続が難しいと考えられますが、毎日新聞の報道によると、大分県では、集落から可能な経済的負担などの聞き取りも行い、有償ボランティアの可能性も探っているとのことです。
また、将来的にはNPOにこのコーディネーター役を引き継ぎたいという意向だそうです。

関連記事

2008年10月31日 未分類|,
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 大分(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 別府情報へ

広告

コメント





トラックバックURL

http://oitainfo.net/wp-trackback.php?p=139

NIKKEN FUTSAL CLUB

大分の天気予報

広告

大分の求人予報

ジョブセンスのロゴ ジョブセンスリンク ジョブセンス派遣

大分県のランキング

ガソリン価格


gogo.gs

日めくりカレンダー

ほめられ用